「写真のお話」

写真は濃度の見極め。
今までの僕は自分の感覚として入射光式に露出を見ていたのですが、最近反射光式に見るべきだという事を考え始めました。
 
「写真は光」だと写真をやる人はみんな言います。
光がなければ写真は撮れないのでそれはそれで正しい。
そして、最近まで僕も太陽が出ていない日の撮影を苦手としていました。
 
しかし、見るべきは濃淡。
太陽の光を見るのも大事だけど、もっと大事なのは濃さ。
写真を撮影する時、一般的には撮りたいものをまず決定する(被写体)
そしてその被写体が活きる背景を決定するんだけど、その背景は被写体に対する色の濃さを見るべきなのだ。(今回の話は構図ではない)
考えてみると光が当たる事によって色の濃度が変わる。
 
カメラは人間の目と違ってある一定の範囲内でしか物を写す事ができない。
被写体を適正な露出にするならば、周りがそれよりも濃いか薄いかで表現内容を決定する。
幸せな雰囲気?重厚感?など。
それをやりきってなお、プラスでの表現を求める時にストロボを使おう。
 
これが正しいのかは分からないけど自分の中ではこの感覚を育てたいと今思っている。
 
※ただ、写真は影を撮る(撮影)というだけあって、影がとても大切。影で写真が大きく変わる。それを考えた時、表現としてはやはり光があった方がバリエーションが増えるなぁ、などと思ったりw
曇りの時の撮影は逆にいうとチャンス。人の肌をきれいに見せることができるのは雲が太陽をディフューズして柔らかい光が入っているから。そんな状態でドラマチックな表現を求めて影を出したいならストロボを使えばいい。曇りの撮影は撮影意図を自分で決定できるんだなぁ。改めて当たり前な事を理解した。
©magokoro photo work